困っている男性と悲しいカップル
  • ホーム
  • 早漏を治すならスーパーPフォースやL遺伝子かどうか

早漏を治すならスーパーPフォースやL遺伝子かどうか

薬を持っている男性

セックスで挿入するまえに射精してしまったり、勃起したあと数秒でいってしまいしっかり性交ができない早漏の人は、満足できる性生活が送れないので恋愛や子作りができずパートナーとの関係にも影響して別れ話の原因になったり自分に自信を失ってしまいます。
最近の研究では早漏には遺伝が関係することが報告されていて、脳内伝達物質のセロトニンの分泌量が体質に影響すると考えられています。
L遺伝子とS遺伝子を持っている男性を調べたところ、L遺伝子が多いと早漏になりにくく、逆にS遺伝子が多い場合は精神的に不安を感じやすい人が多くて早漏になる確率が高いとされています。
治すためにはトレーニングをしたりED治療のクリニックを受診するなどの方法がありますが、自宅でできる療法なら精力剤のスーパーPフォースがおすすめです。
スーパーPフォースは勃起不全と早漏を同時に治すことができる便利な薬で、バイアグラの成分が配合されています。
空腹のときに服用するのが最も効果的で、1時間くらいで勃起が始まってペニスの血行がよくなり、立った状態を5~6時間維持することができます。
勃起すると同時にペニスの感度を鈍くする働きもあるので早漏を防いで射精を遅らせて、しっかりと挿入した状態でセックスを楽しめるようになります。
効果が持続するのでいつも中で折れてしまう人や1回やるのが限界で一晩に何度も性交をするのが難しい人でも満足できる結果を得られて相手にも喜んでもらえます。
勃起不全や早漏の悩みを抱える男性は意外とたくさんいて、若者でも満足なセックスができず困っている人が増えています。
L遺伝子とS遺伝子の仕組みを理解したりスーパーPフォースなど有効な精力剤を活用して症状の改善に努めましょう。

人気記事一覧